学芸員を退職後、これからの生き方を模索しています。シマを愛する←奄美⇔沖縄→の目線を通して、気ままに書いていま~す♪

by yukari-gou
 
カテゴリ:つぶやき( 20 )
 
家族の転機
先月、わたしが沖縄帰省している最中、
義母が那覇の病院に緊急入院することになりました。
与論島へ医師派遣をおこなっている琉大付属病院が、受入先となって下さったからです。

日ごろ、一人で農作業をやっている義母は、
家を空けると近所に世話をかけるからと、島内の病院へ入院することさえこばんでいました。
しかし、病状の悪化を危惧して、かつて同じ症状に冒された伯母が、那覇への入院を薦めました。

5日間で退院でき、与論島の病院で通院で様子を見ていましたが、症状が一転。
夜も眠れない辛さで、再入院となっていましました。

タイミングよく、東京やアメリカから与論島へ帰省している義妹たちの顔をみるなり、
あんなに気丈な義母が、泣きくずれてしまったのです。
施設暮らしの義父にも、異変がおこった矢先でした。

病気ひとつしたことのなかった義母の変化に、
いま、家族に訪れた転機だと、夫とは悟ったようです。

子育ても、介護も、兄弟や家族が近くにいれば、
どんなに大変なことでも、充実した楽しい時間の共有になることか。。。

島というのは、家族をも分断してしまいます。
それが島の暮らしなのです。

夫や地域の仲間に恵まれながらも、どこか寂しい思いがあった時間。
北大島と南大島の二重生活に奔走していた空間。
いまこそ、家族が一緒になるとき、なのかもしれません。
[PR]
by yukari-gou | 2008-03-16 10:54 | つぶやき
 
どこにいても ~7年ぶりの家族再会~
しばらくブログをお休みしていました。
先月は、沖縄の実家で、家族全員が顔をそろえました。
祖父の葬式以来の7年ぶりでした。

東京で暮らす末妹は、来年から後輩を指導する立場になるようです。
初めてもらった給料で、夕食をご馳走してもらった3年前が、ほんのちょっと前なのに。。。

そんな妹が彼氏と別れたばかりだときき、
これは、沖縄へ帰るチャンスだと、家族みんなが手ぐすねを引いて待っていました。
女の子は、向こうで彼氏をつくると、向こうの人になってしまうから。。。
私が故郷を出てきた手前、とても複雑な思いがしました。

沖縄と兄弟島といわれている奄美大島に住ませてもらいながらも、
「ほら~、見てごらん。奄美の人はこんなして、がんばってるんだよ~」
そう心で思いながら、沖縄のふるさとへメッセージを送っています。

妹は妹の人生を送ればいい。

でも、どこに暮らしていても、故郷のために何かできる人になってもらいたい。
おしめも変えてあげた妹だけに、なんだか親心のような心情がはいってしまいます。
どうか、いい出会いがありますように。。。
[PR]
by yukari-gou | 2008-03-06 10:47 | つぶやき
 
タンカンに水筒
沖縄からもってきた水筒は、ぜ~んぶ保冷用。
さいきん水漏れもはなはだしいので、ついに買い換えました。


やっぱり、熱々のお茶はあったまるな~。
保温ポットのありがたさ。
一度沸かしたお湯は、保温ポットに入れ替えておくようにします。


今朝、そのお気に入りのポットを車にのせるのを忘れてしまい、
あ~、お昼まであともう少しの辛抱。


ん?
いいのがあるじゃん。


ふと、横に目をやると、
ポケットに、1個だけ忍ばせてあったタンカンが、
助手席で、ごろりん。


わらしべ長者の女の子の気分。
タンカンにマイ水筒があれば、怖いものなし。


水分補給にベストマッチ。
この時期は、これに限ります。


橙色の2月。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-08 23:14 | つぶやき
 
家計簿にはまっています
ここ数年、わが家の医療費は、すごい。
以前、役場の確定申告をしたら、医療費控除は国税事務所でしてくださいといわれた。
5年間さかのぼれるというのだが、さすがに今年は申告をしないと大変なことになる。


「家計簿をつけずに済むというのは、まだ余裕があるから」
といっていた友人の言葉が重たくひびく。


家計管理をしなければ、とてもやっていけない。


わが家では、今年に入ってすでに、医療費が家計支出の5割りを超えている。
高額医療なうえに、島外への通院にかかる交通費が大きくしめるからだ。


そうしないと、前にすすめない。


年末、知人から家計簿ソフトを借りてみたりしながら、
試行錯誤の末、やっと自分にあうやり方をやっと見つけることができた。


定期貯蓄はもちろん、口座から現金を引き出す単身赴任の相方の財布に至るまで、
管理できるこのソフトは、見事に、私のストレス解消へとつながった。


さすがに、彼の小遣いの中味にまで口出しするつもりは毛頭ないけれど、
家族の健康管理は欠かせない。


家計バランスを捉えられたということが、
もうしばらく続く治療の励みにつながりそうだ。


苦しいマラソンが、快感に思えてくるように……。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-03 16:41 | つぶやき
 
ハンドボールにクラクラ
旅からもどって、しばらくPCと離れていたかと思えば、
ここ数日、家のなかで安静にしていた日々でした。

ハンドボールの試合、久々に一人、盛り上がっていました。
テレビでプロの試合を見れるなんて、幸せ!

現役から退いて、約20年。
試合展開を、記憶の底からすくいあげるのに、少し時間がかかりました。

さすがにプロの世界は違います。
見事なスカイプレーやフェイントなんかのあとには、
自然と思わず、頭のなかで、反復していました。

それにしても、なんと速攻のすばやかったこと!
冒頭、女子日本チームの速攻に、テレビカメラもついていけないほどでした。


日本チームのお家芸ともいえる速攻が、韓国チームにすっかりつかまってしまったのは残念。
女子の試合では、平均身長が韓国と4センチ違いとありました。
それだけあると、まさに壁に見えるものです。

日本は男子ともども惜しくも負けてしまいましたが、
ハンドボールを世に出したという成果はとても大きいと思います。

スポーツそのものの魅力もあると思いますが、
プロの世界は、選手の魅力も大きいと思いますので、
ぜひメジャー化を目指してほしいです。

沖縄出身の佐久川選手や金城選手をはじめ、
日本選手の皆さん、お疲れさま!

興奮して、頭がクラクラしそうだった時間が、とてもいとおしいです。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-03 15:57 | つぶやき
 
旅からもどる
また、旅からもどってきた。


島では、島外に出ることを、旅いう。


学業や就労、結婚など、島をでた家族がいると、


旅の家族がいる、という。


島で用がたせないことは、旅をあらわす。


日常のなかの、旅。


離島苦とは、切ってもきれない旅。


それでも手に入れたいものを求め、旅にでる。


苦しかった旅は、アキラメという豊かさと引きかえに、希望の旅へと変わった。


刻一刻と迫ってくる旅の終りを前に、


思う存分、この旅を楽しもう。


そう思ったら、携帯を握りしめる衝動も、どこかへ飛んでいってしまった。


刻印されていく自分を、きちんと、見送ってあげないといけないから。


そう、人生の先取りをしているだけ。


そして、終りゆく旅は、新たな旅の序奏でもあるのだから。
[PR]
by yukari-gou | 2008-01-22 21:45 | つぶやき
 
ハンドボール再予選
中東の笛によって、ハンドボールオリンピック予選の再試合が話題になっている。
ほかのスポーツと違って、日本でのハンドボールは、結構マイナーに扱われている。


沖縄県の浦添市にある神森中学校が、初の全国制覇を果たしたとき、
同じボールを別の中学校で追いかけていたわたしは、
あこがれの先輩と一緒に、同じ全国大会に出場できた喜びをかみしめ、遠くでみつめていた。


そんな青春時代をすごしていたせいか、
ハンドボールが、報道の世界から縁遠いスポーツになっていることに、
寂しさをかんじていたものだった。


奄美大島へやってきて、これまた、奄美勢の強さに驚いている。
野球をみてもわかるように、バネと走りの俊敏さを競わせると、シマッチュは粘りを見せる。


ハンドボールは、球技のなかでも最も過酷なスポーツといわれるが、
シマッチュの資質とあっているのかもしれない。


そんな神聖なスポーツの世界が、
グローバリズムなオイルマネーにかかわるの渦中にまきこまれていることに、驚かされる。


皮肉なはなしだが、これを機会に
日本ハンドが、オリンピック出場を果たし、少しでも日本から観戦できる機会がふえてほしいと願う。


そして昔のように、あのアツイ応援が、シテミタイ★
[PR]
by yukari-gou | 2008-01-10 23:46 | つぶやき
 
歳祝い
美容室に入ると、義母は最後の帯を整えている最中だった。


間に合った。


仕上げの口紅をさしたあと、草履に指を通し、表へ出る。


カメラを向けるが、うまく表情が引き出せない。

More
[PR]
by yukari-gou | 2008-01-03 14:30 | つぶやき
 
条件つき
条件つき、とスタンプされた乗船券。

天候が荒れた場合、着岸港を変更するか、抜港する可能性もふまえた上で、乗船するという条件つきだ。

目的地の与論を抜港したら、あとは沖縄の本部港か終点の那覇港で下船することになる。

最近もこのスタンプを押され、相方がブルーな船旅になってしまったのは、つい先月のことだ。

年末にして、また、ひょんな沖縄泊まり……まあそれも島旅か。

正月を控え、そんな呑気なことはいっていられない。
f0001865_0191210.jpg
わたしの隣で、しきりに乗船券の窓口につめよっていたある客は、こう言った。

「問い合わせの電話にかけても今は営業時間外でつながりません。
携帯の電池も無くなりかけていますが、船内で電話はつながりますか?
条件つきといっても、乗らない方がいい、ということはないですよね?」

条件つきの不安とは、そういうものだ。

結局は揺れもほとんどなく、無事、茶花港に人港できた。

もちろん安全第一だが、できることなら、不安なく、船旅を過ごしたいものだ。
[PR]
by yukari-gou | 2007-12-30 10:19 | つぶやき
 
水もれ注意
先週、奄美市の水道課から、水道もれにかかる還付のお知らせがあった。
早いはなしが、水道もれで余分にかかった水道代のひと月分を、前年度の正常な月と比較して、その差額を払い戻ししてくれる補償だ。


水道代がはねあがったのを、気づいたときのショックは、大きかった。
牛小屋の水やりで、一晩中、水道を出しっぱなしだった義母の失態にも、驚いたことはあったが、今思えば、それもカワイイものだ。


古い家で、湯沸し器をとりつける際、水道管の分岐点の位置も、注意が必要だ。
さらに、ちょっと気になったのは、うちは、水洗トイレの水きれが悪い。


節約のため、使うたびに、栓を開閉するが、その閉まり具合と水圧のバランスが悪いのか、水道管から工事現場のようなスゴイ音がすることがあった。
思えば、きっと、その振動もあって、古い水道管は耐えられず、破裂してしまったのかもしれない。


それにしても、自分でも立ち入るのもそら恐ろしい、わが家の軒下にも、奄美市水道課の職員や、水道工事業者の方には、這いもぐっていただき、感謝です。
ハブの季節じゃなくて、ホントよかった。


水一杯にありつけるのにも苦労をする国もあるというのに、大変なことをしてしまった。
水もれには、くれぐれも、ご注意を。
[PR]
by yukari-gou | 2007-11-07 00:04 | つぶやき


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
検索
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
最新のトラックバック
郷土教材映画「愛加那~浜..
from 奄美・加計呂麻島なんでもあり..
挑んでいく姿が生きる力を..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク