学芸員を退職後、これからの生き方を模索しています。シマを愛する←奄美⇔沖縄→の目線を通して、気ままに書いていま~す♪

by yukari-gou
 
<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
 
とにかく
今年も、もうあと2か月を残すこととなった。


年の半分は、映画で埋め尽くされた年だった。


仕事として映画にかかわってみて、改めて、映画づくりの過酷さを、身に沁みて感じた。


そして、形として、残していく尊さも。。。


遅かれ早かれ、いつかはこの世をさっていく身。


この世に、自分の魂の痕跡を、どれだけ残すことができるだろうか。


一度かいた文章でも、時が経ち、経験を積んで、見方が変わると、違う視点になってしまう。


いまを残せるのは、今しかない。


ある期限を、自分に課した。


ずっと悩みつづけたすえに、ふっと浮かんだ区切りのよい節目かもしれない。


その向こうには、もう、今の自分はいない。


今日もまた、ボツを覚悟で、チャレンジしてみた。


評価されなくても、お金にならなくても、一歩、また、一歩、書きすすめよう。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-31 23:07 | 書くこと
 
タラソ通い
タラソ のプールからあがって、借りたバスローブを水着の上から羽織り、


リラクゼーションルームのデッキチェアで横になっていると、ついうとうとしてしまった。


目覚めたとき、一瞬、あせった。


デッキチェアはプールの中にもある。


しかも、ジェットプールの中にあるので、つい眠りこけ、気がついたら営業時間はとっくに過ぎ、水がすっかり干上がっていた。




変な夢。



はて?


目覚めても、体が全く冷えてない。


椅子が特別なのか?


スタッフに尋ねたところ、


36度と33度という二層の不感温水に入ることによってあがった代謝が、徐々に下がる際に、自然な眠りについたとのこと。


なんか、いい感じ。。。



プールの中も、眠ってしまいそうなほど心地よいので、ご注意を。



こうやって、


健康のこと、


体のことに、


向き合えることって、


幸せだなぁ~。


念願の、 タラソ 通い、


2日めにおもう。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-30 23:05 | 健康
 
奄美市議選
今回は、


誰に入れようか、


ぎりぎりまで迷ってしまった。


それにしても、


女性議員が、たった一人に減ってしまったのは、痛い。う~ん。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-30 22:47 | つぶやき
 
サキシマフヨウ
f0001865_17355191.jpg

またこの花が見られる季節になりました。


可憐な淡い桃色の花びらが、透きとおった秋空によく似合います。


明け方が、少し冷えるようになってきました。


こんなとき、うすでの綿タオルやマフラーで、首もとを巻いておくと、寝起きには、ほんのり汗をかくくらい暖まり、びっくりします。


冬ものを出すには、まだ早すぎるという、いま頃の季節には、これだけでも、ずい分ちがいます。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-27 17:35 | 生活者としてのシマの風景
 
ペンキ塗りたて
f0001865_22452949.jpg

ではありません。

一応、これでも

奄美市内にある

バス停、らしい。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-25 22:45 | 生活者としてのシマの風景
 
映画 『めがね』
奄美大島の島外で、映画を観ようかどうか迷うとき、きまってすることがある。

「映画○○○の、上映予定はありますか?」
と、名瀬のシネマパニックに、問い合わせすることだ。

封切された映画を、いち早く、劇場の大スクリーンで、観たいという衝動をおさえ、
島で見られるものなら、なるべく島にもどってから見ようと、ひと呼吸おくことにしている。

一応これも、島式スロースタイルだと、勝手にひとりで納得している。

今回、全国ロードショーになっている映画 『めがね』 もそのひとつだ。

先日、鹿児島本線の電車内で、またもや検索をしまくり、例の問い合わせをすると、
宿のチェックインもそこそこに、初めてTOHOシネマ与次郎の劇場へと向かった。

与論島で撮った映画だときいていたし、
与論の実家へかえると、TV告知がはじまる前から、
早々とポスターがあちことに張り巡らされていたので、気になっていたわたしは、

なんといっても、あの『かもめ食堂』のスタッフが、与論島を、どう料理してくれるのか、
とても楽しみだった。

あまりネタバレしてもいけないので、一言。

けっして、最後まで、与論島の「よ」の字は、ひとことも出てこないけれど、
なんともいえない、島の、あの空気感が、よく伝わってきた。

「疑わない、比べない、求めない。
それは逞しさであり、勇気であり、大きな何か」

観おわったあと、何かとても、満たされた気分になった。

この映画をつくってくださって、どうもありがとうございました。

そして、近く与論島出身の男性と、めでたく結婚することになった友人への、
ささやかな前祝いを盛り立ててくれる、映画となった。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-24 20:38 | エンタメ
 
今日のエモノ
釣りに出ると、わたしは、もっぱら車内で読書か、海辺の散歩をする。

最近、涼しくなってきたので、嫌がらずについていくことにした。
陽射しが傾いたころを見計らって、堤防にのぼり、30分だけと決めて、

めずらしく、わたしも竿を投げ入れてみた。
f0001865_19575020.jpg
見すかされたのか、まんまと、餌を奪われた。
「皮にさせばいいんだよ」

と、サンマの切り身を、器用にひねくりまわす手つきを真似して、
わたしもやってみた。

しまったサンマの皮に、釣り針がうまい具合に、
はまるようになった。

満潮で、潮のながれが変わったそのとき、

おもりにしては感触が少し重たいな、と思った瞬間、
ぶるんと、当たりがあった。

急いで引き上げると、ネバリを一匹ゲット!
沖縄でいう、ミーバイだ。

上から2番目が、それ。
身がぷるるんとしたアクアパッツァに、化けました~。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-22 23:21 | ゆるゆる
 
奄美市議選
島にもどって、びっくり!

奄美市議選って、こんなに選挙カーが、走ったっけ?
激しい選挙戦になっている。

選挙運動の要らない選挙だったらいいのに。。。

国会議員の選挙でとくに思うけど、
とくに、選挙に投入できるお金がある政党に対して、

住民のためになる条例、法律、制度の策定や周知を、
徹底的にやってほしいと、切に願う。

やる気と能力のある人に、ぜひ頑張ってほしいものだ。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-21 22:13 | つぶやき
 
離島割引の活用
鹿児島の離島住民の優遇措置に、航空運賃の離島割引制度がある。

奄美大島からも、各離島間や鹿児島空港への渡航が対象になっている。

離島の場合、移動手段に航空機の利用は欠かせない。
少しでも安い航空券を手に入れようと、旅行パックや早割を駆使して、買い求める。

いつ頃から始まったか覚えていないが、最近は、
1週間をきって、前日まで早割がある。

しかし、直前の早割も、利用するのに、ちょっとコツがいる。
タイミングによっては、離島割引を利用する方が、早割より若干安い場合があるからだ。

急用や予定がたたない渡航だと、割引がきかないと嘆いてはいけない。
早割りより安く、しかも予定変更がきく、離島割引のありがたさに、改めて、感謝したい。

それに比べて、奄美~沖縄間のなんと、高くて遠いこと。。。

奄美の人は北を見、沖縄の人も奄美の上を飛んでいる実情をひとつみても、
この2つの地域の乖離が、ますます広がっていくのも、わかるような気がする。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-20 23:50 | 島をカタル
 
懐かしの
予定していた時間があいて、むかったのは、ある場所だった。

大学通りを歩きながら、チャペルにいってみたいなと思った。
ふと、敷地に見なれない建物が、とびこんできた。

新しいカフェだ。
ファッション雑誌に出てきそうな学生らと、行き交う。

そういえば、昔、Y教授が沖縄へいらしたとき、学芸員実習を学内でもできるようにするんだと、
いっていたのを思いだした。

警備員が指さしたそのカフェの向こうに、それはあった。

赤い煉瓦でこじんまりしたその建物は、在学中は、西南高校と中学校の校長室や事務室などにつかわれていたので、利用する機会はなかったが、

2004年には、福岡市有形文化財と保存建築物に指定され、
2006年5月には、 西南学院大学博物館 として、今のすがたに生まれ変わっていた。

はじめてお目にかかる大学院生のMさん。そして、在学当時、寮生だったわたしたちを
よく世話してくださった学生課のYさんが、館で出迎えてくださった。

不勉強な学生時代をおくったわたしは、キリスト教主義主義にもとづいた大学といっても、
それにふれる機会は、学年必修だったキリスト教学の時間と、チャペルの時間ぐらいだった。
f0001865_1727138.jpg
いま改めて、その姿をモノとしてイメージし、感じることのできる大学博物館ができ、今の学生はうらやましいと思う。

ちなみに、わたしは、「最後の晩餐(中国様式)」が気に入った。

あいにく、チャペルは改築工事で、中にあしをふみいれることはできなかったが、
博物館2階講堂で、そのおもかげを、いく分か味わうことができた。

「おめしものが汚れる場合もございますので、ご注意ください」
と、えらく丁寧な案内表示を横目に、ベンチに腰をかけた。

毎朝、一麦寮で、オルガンの伴奏で歌っていた讃美歌「よろこびの歌」の旋律が、頭のなかを、かけめぐった。

PS、話題にのぼった部室の存在は、写真のとおり。
[PR]
by yukari-gou | 2007-10-19 23:38 | ゆるゆる


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
検索
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
最新のトラックバック
郷土教材映画「愛加那~浜..
from 奄美・加計呂麻島なんでもあり..
挑んでいく姿が生きる力を..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク