学芸員を退職後、これからの生き方を模索しています。シマを愛する←奄美⇔沖縄→の目線を通して、気ままに書いていま~す♪

by yukari-gou
 
タグ:すみよう ( 4 ) タグの人気記事
 
うごく時間 ゆんたく時間
タンカン収穫のお手伝いも最終日の3日目。
今日は、販売所となっているサン奄美へ、発送用と加工用を出荷。

はさみ入れ時期とはうって変わり、
加工工場には、材料となるタンカンが
袋詰めで山積みになっていた。

住用村の農家であれば出荷できるという、
サン奄美の運営は、農家規模に関わらず、
決められた一定量を出荷できるそうだ。
f0001865_1333757.jpg
いつも温かい笑顔でつつまれている
この販売所の秘密に関係ありそうだ。

和田農園へ戻り、選定作業を終えると、もう昼休み。
小屋の囲炉裏を囲み、まかない食を頂くのが、リズムとなっていた。

自家栽培の大根や人参の煮物。
豚汁や菜っ葉味噌汁。
なんと今日はモクズガニのガン(カニ)汁。
焼き魚に漬物。
黒米の入ったご飯。

午後の作業の後には、
ふくらカンなど手作りのお菓子。

和田さんが毎日作って下さる食事は、素材の味が利いて美味しい。
昨日は、一緒に作業をしているSさんの
手作りヨーグルトケーキがあんまり美味しかったので、
わたしも触発されて、ぜんざいを持っていった。

沖縄の宮古島産の小豆と
産地は忘れてしまったけど、国産のもやし豆で手作り。

作業時間と昼食やお茶の時間がほぼ同じなので、
こんなんでいいの~と恐縮してしまった。
でもこれって本当の意味で島のユイワクだと思う。
本当にいい経験ができた。

おしゃべりの中で、和田さんご夫妻の懐の深さと
島の食材や生活を大切にする姿勢が、この農園にはあふれていた。

労働時間と休憩時間。
いや、おしゃべりしながら働いているって感じのほんわかペース。
子どもたちを見守る大人たちのまなざし。
語らいを求めてやってくる人々。

ユイワク、ユイマールの形そのものが、この販売所の運営を支えているといってよい。
とっても居心地のいい空間だった。
タンカンの時期が、もっと長かったらいいのに。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-23 23:16 | これ見てシマ産品
 
わたしをにらまないで
「おーい、おーい」
声をする方をみても、人影は見えない。
「おーい、おーい」
覚えた言葉を繰り返すオウムのような声。

怖々とアイツの方を見上げると、
相もかわらず、微動だにしない黒い物体。
まさかコイツが話しかけているわけではあるまい。

これは普通の畑で見慣れた
黒いビニール製の偽カラスではなく、

主の和田さんが、カラス避け用にぶらさげた
本物のカラスだ。
f0001865_1151191.jpg
全くカラスが寄り付かないところをみると、
即効性はあるようだ。

あの奇妙な声は、何だったのだろう。
カラスにとり憑いたケンムンのまやかしか。

あるいは、こんな姿にされてしまったカラスの魂が、
わたしを試しているのか?

よりによって、アイツが見下ろしている場所に限って、
鈴なりになったタンカンの実、取り残されている。

ボクの実を採らないで!
そういっているように聴こえる。

アイツと目を合わさぬよう、ヘッピリ腰で剪定した。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-22 22:09 | これ見てシマ産品
 
タンカン収穫おてつだい
タンカン収穫のお手伝いに行ってきた。

なぜタンカン?

昨年耳にした話。
収穫の手が足りないため、
熟したタンカンをみすみす腐れてしまう農家もあるときき、
何かお手伝いできないものかと思ったのがきっかけ。
f0001865_0592151.jpg

今年は台風の影響も少なく、タンカンの出来は上々。
タイミングもばっちり。
こりゃ~やらない手はない。

ぜひこの農園でおてつだいしてみたい!
と向かったのは、退職後にはじめたという、奄美市住用村にある和田さんご夫妻の農園。

しかし収穫時に、この長雨。
やっと晴れ間がのぞいたタンカン畑に足をふみ入たのは、
はさみ入れ式から10日以上がたっていた。

収穫袋を肩にさげ、剪定はさみを片手に、
コツを拝聴しながら、タンカンを剪定する。
f0001865_101063.jpg

水分をたっぷり含んだタンカンはずっしり重く、
10個あまり袋につめただけでも、肩にのしかかった。

担ぐ肩の左右を、時々入れ替えないと、
肩を痛めてしまいそうな程の重さと量に、
そんなに甘いもんじゃないぞ~。

ベルトコンベアーに載せたタンカンは、
そのままそこでブラッシングされると、
サイズ毎に振り分けられる。

なんとありがたいベルトコンベアーだこと。
これを1個ずつ手でやっていたのではホント大変。

選別されたタンカンは箱詰めされ出荷される。
収穫の最盛期の限られた時期に、
これだけの量をさばくのは、まさに家族総出といったところ。
f0001865_184616.jpg
ご主人が手術をした昨年には、全く出荷ができない状態で、
多くのタンカンを無駄にしてしまったそうだ。

風にのって私の耳に入ってきた、
タンカンを落としてしまった話は、この和田農園の事だったのだろうか。

おいしい食事やお茶までご馳走になったうえに、
規格外ではじかれたタンカンを山ほど頂いた。

だいだい色の大島の二月は、
収穫の喜びを堪能できる季節だ。
妙な縁を感じた一日だった。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-21 00:53 | これ見てシマ産品
 
サワラ突きん棒 ~突き漁~
サワラ祭りがあるというので、奄美市住用(すみよう)町の市漁港へでかけた。
突きん棒体験は子ども限定なので、乗船できず残念。


船酔い気味だったという子どもたちが、自慢げにサワラをのぞき込む姿、
区長さんが疑似餌をつかい、漁のしかけを説明する姿、


婦人会の皆さんが仕込んだ、サワラのみそ汁、酢みその刺し身にフライ。
どれも皆、満足。


ひとつだけ、リクエストをするならば、ぜひ今度、
すみよう漁業集落の名物に、サワラのみそ漬けを、販売してほしい。
[PR]
by yukari-gou | 2007-11-11 23:53 | これ見てシマ産品


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
検索
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
最新のトラックバック
郷土教材映画「愛加那~浜..
from 奄美・加計呂麻島なんでもあり..
挑んでいく姿が生きる力を..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク