学芸員を退職後、これからの生き方を模索しています。シマを愛する←奄美⇔沖縄→の目線を通して、気ままに書いていま~す♪

by yukari-gou
 
タグ:図書館 ( 2 ) タグの人気記事
 
松本清張とアハ体験
雑誌『ダ・ヴィンチ』に、「爆笑問題の日本史原論」という連載がある。
爆笑問題の2人の掛け合いを、読んでいると、
静かな図書館で、何度もあやうく、声をあげて笑いそうになった。


3月号は、日本の文豪編 松本清張だった。

小学校卒の清張は、学歴差別社会を経験し、兵役時代に初めて、平等という感覚を知る。
当時、大学出の作家たちが、恋だの何だのいっている私小説に対し、
斜めに構えていた清張は、


大衆を相手にした社会派推理小説を描く国民作家として、
41歳の遅いデビューを果たす。


ジャンルは、推理、歴史、時代、ノンフェクション、現代史、古代史など多岐にわたり、
犯罪者の環境や社会構造に目を向けて、一般的にかつ文学的にして、
ミステリーそのものを作りかえてしまった。


一昨年、那覇の桜坂劇場で、清張原作の『砂の器』のリバイバル上映を観て、
改めて清張の凄さを知ったわたしは、
デビュー作となった『西郷札(さつ)』を
今朝、さっそく読んでみた。


この作品は、清張が新聞社に勤めていたときに、
たまたま知った『西郷札』のことから端を発したものだったそうだ。


西郷札とは、西南戦争中、西郷隆盛が率いる薩軍の物資調達のため、
奇しくも西郷が亡くなる明治10年1877年に、発行された軍票だ。


作品とその時代背景、そして作品をつくるきっかけとなった作家の制作背景を
あわせて読むことで、
史実と虚構のはざ間を移ろう、清張の頭のなかを盗み読んでいるような気がして、
面白い体験に浸ることができた。


いま、爆発的な人気をほこる脳科学者の茂木健一郎氏の言葉を借りれば、
「アハッ体験」
をさせてもらった感じかな~。


それにしても、あの爆笑問題の記事って、
2人がコントをやったのを、編集者がテープおこしするのだろうか?
それとも、自ら執筆しているのだろうか?
どうでもいいことだけど、何だか気になる。
[PR]
by yukari-gou | 2008-02-16 11:23 | 本とか
 
本に埋もれる
書店にずらりと本が並んだ書籍を見ていると、時間が経つのも忘れてしまう。
その時々の新刊に、ざっと目をとおせるだけでも、何となくホッとできる。

この、見でホッとできる、というのがミソだと思う。
図書館でも、同じような気分を味わえる。

このごろ、久しぶりに瀬戸内町立図書館へ出かけたら、
これも読みたい、あれも読みたいと、手当たり次第に読み漁ったら、夜にはぐったりしてしまった。
でも、とても満足した。

学校新聞や集落レベルの広報誌なども掲示してあるので、地域をとても身近に感じることができる。

反対に、自治体あるいは大学や調査機関などから、図書館むけに届けられた雑誌や報告書なども豊富にあるので、これらを利用しない手はないと思う。

しかし、これらは、開架されて初めて、住民の目にふれるものだ。
開架されていなければ、図書館の職員が積極的にPRしない限り、情報は埋もれたままになってしまう。
知らないまま、ことが過ぎてしまうことを考えると、恐ろしいとさえ思ってしまう。

ネット社会が地域格差をうめるというが、さらにその環境の格差をうめる役割を果たしているのは、地域に根ざした図書館だと、つくづく感じる。

昨年、NHK連続ドラマ『芋たこなんきん』のお放映中には、田辺聖子さんの著書展示をポップをつかって工夫していた。

いまは、ネリヤカナヤコンクールが県立図書館奄美分館から、瀬戸内町立図書館へ移ったそうなので、その作品が、読み聞かせ絵本展示の横に並んでいた。

もっと面白い図書館の利用方法はないだろうか。
個人的には、文学賞受賞図書の企画展示と白書系報告書の図書館一括管理をリクエストしてみた。

秋の夜長に、図書館の利用はいかがですか?
[PR]
by yukari-gou | 2007-11-09 23:29 | 島をカタル


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
検索
以前の記事
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
最新のトラックバック
郷土教材映画「愛加那~浜..
from 奄美・加計呂麻島なんでもあり..
挑んでいく姿が生きる力を..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク